目黒区の粗大ごみ出し方解説!申し込み方法・処分料金表など

「粗大ゴミとして捨てられるものがどんなものか分かりますか?」と聞かれて、即答できる方は少ないのではないでしょうか。

どういう基準で粗大ゴミと他のゴミとが区別されているのかや、不法投棄にならないよう正しく粗大ゴミを手放す手順や方法を細かく知っているという方も少ないでしょう。

今回は目黒区にお住まいの方のために、粗大ゴミとして処分できるものと処分できない物をご紹介していくだけでなく、目黒区が行っている粗大ゴミ回収を利用する手順、民間の不用品回収を利用した方が良い場合など、詳しくご紹介していきます。

目黒区で粗大ゴミとして処分できる物

一辺の長さが30cm以上の家庭から出た不用品について粗大ゴミとして回収するというのが、目黒区の粗大ゴミ回収の基本的な方針です。

上記の基準に当てはまっていても粗大ゴミとして処分していけないものもあります。

粗大ゴミとして処分できないものをまとめていきましょう。

粗大ゴミとして出せない物

目黒区の粗大ゴミ回収で処分できないものは以下のようなアイテムです。

  • テレビや冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機といった家電リサイクル法指定製品
  • デスクトップパソコンやノートパソコン、パソコン用モニター
  • 消火器
  • ピアノ
  • 耐火金庫
  • 車のタイヤやバッテリー
  • 危険性や有害性があるもの
  • 家庭からではなく事業所や商売上出たゴミ(個人の事業から出たゴミも含む)

上記のような品物は目黒区の粗大ゴミ回収では処分できませんので気をつけてください。

目黒区で粗大ゴミを処分する方法・手順

他の自治体と違って、目黒区では自分で粗大ゴミを持ち込んで処分することができません。

目黒区が行っている粗大ゴミ回収に自分で依頼していくことで回収してもらいます。

回収してもらいたいときにすぐ回収してもらえるわけではなく、事前に申し込んで指定の日時に回収してもらうという形を取っている点にはきをつけなければなりません。

目黒区が行っている粗大ゴミ回収に申し込む方法は2つあり、電話による申し込みとインターネットによる申し込みがあります。

申し込みから粗大ゴミ回収までの流れは以下の通りです。

電話申し込み
  1. 電話やインターネットから申し込む
  2. 粗大ごみ処理券を手数料分購入
  3. 粗大ごみ処理券を粗大ゴミとして出したいものに貼る
  4. 申し込み時に指定された日時や場所に粗大ゴミを出す
  5. 回収してもらう

粗大ごみ処理券は目黒区内のコンビニや商店で購入可能。

200円券(A券)、300円(B券)の2種類があるので購入の際には間違えないように気をつけてください。

粗大ゴミに粗大ごみ処理券を貼る際には必要事項(収集予定日・氏名もしくは受付番号)をしっかりと記入しておきましょう。

粗大ゴミ回収日には朝8時までに指定の場所に置いておくようにしてください。

オープンネット

申し込み時に指定された日時・場所に粗大ゴミが置いてなかった場合、持っていってもらえませんので気をつけましょう。

手数料はいくら?

目黒区で粗大ゴミを処分していく際に必要な手数料の例を品別にご紹介していきましょう。

手数料の例
  • ホットプレート:300円
  • 高さ200cm以下のアコーディオンカーテン:600円
  • レーザー式プリンター:1,000円
  • オルガン:1,700円
  • 物置・ベランダコンテナ(最大2辺の合計が360cmより大きいもの):2,400円

目黒区で粗大ゴミを処分する際の手数料は300円から2,400円ほどかかります。

収納家具に関しては、目黒区では上記の基準とは異なる基準で手数料がかかるので注意してください。

収納家具については、サイズによって手数料が変わります。

手数料
  • 小(300円):最大2辺の合計が、140cm以下
  • 中(600円):最大2辺の合計が、140cmから200cmまで
  • 大(1,000円):最大2辺の合計が、200cmから270cmまで
  • 特大(1,700円):最大2辺の合計が、270cmから360cmまで
  • 極大(2,400円):最大2辺の合計が、360cmを超えるもの

上記の基準で収納家具の手数料が決まりますので、粗大ゴミとして出す前にサイズを測っておく必要があります。

オープンネット

一辺が200cmを超える場合は解体して200cmより小さくしておかないと回収してもらえないので気をつけましょう。

申込方法

目黒区の粗大ゴミ回収に申し込む方法についてご紹介していきましょう。

電話での申し込みの場合
  1. 目黒区の粗大ごみ受付センターに電話する(受付時間:年末年始を除く月曜から土曜の午前7時から午後7時まで)
  2. 回収してもらいたい粗大ゴミの品物と個数を伝える
  3. 折り返し収集日時・場所、粗大ごみ処分券の枚数と金額を教えてもらえるのでメモしておく
  4. 申し込み完了

インターネットでの申し込みの場合
  1. 目黒区粗大ごみ受付センターのホームページからメールアドレスを登録
  2. 登録したメールアドレスに申し込み用サイトのURLが届く
  3. 届いたURLから申し込み用サイトに飛び、必要事項を入力する
  4. 申し込み内容を確認
  5. 収集日時や場所、粗大ごみ処分券の枚数や金額といった案内を確認
  6. 登録完了
オープンネット

メールアドレスがないとインターネットから申し込めないので気をつけましょう。

こんな時は目黒区の不用品回収業者への依頼がおすすめ

粗大ゴミ処分のための手数料も安くすむ目黒区の粗大ゴミ回収ですが、以下の場合には利用することができなかったり、民間の不用品回収業者を利用する方が良かったりします。

  • 目黒区で処分できない粗大ゴミがある
  • 処分したい粗大ゴミ・その他のゴミが大量にある
  • なるべく早く粗大ゴミを処分したい
  • 重たい・解体が必要な粗大ゴミがある

それぞれの場合についてご説明していきましょう。

①目黒区で処分できない粗大ゴミがある

目黒区の粗大ゴミ回収では回収してもらえない品があることは先ほどご紹介していきました。

回収してもらえない物を手放したい場合、民間の不用品回収業者を利用するという選択肢が一番確実かつ素早く手放すことができるということも多いです。

②処分したい粗大ゴミ・その他のゴミが大量にある

目黒区の粗大ゴミ回収では大量の粗大ゴミを一度に回収してもらえない場合もあります。

粗大ゴミの量が多いと結果的に目黒区の粗大ゴミ回収よりも民間の不用品回収業者の定額料金サービスの方が安くなることもあるので、料金を確認するようにしましょう。

③なるべく早く粗大ゴミを処分したい

粗大ゴミは大きくて、家の中でも邪魔になるので、素早く手放した方が部屋のスペースを有効活用できます。

自分の都合の良い時に捨てられないというのが目黒区の粗大ゴミ回収の欠点です。

ですので、自分の都合の良い日時に不用品を手放すことができる民間の不用品回収業者を利用する方が早く手放せますし、部屋も広くつけるようになるでしょう。

④重たい・解体が必要な粗大ゴミがある

重たいものや解体しないと処分できない粗大ゴミもあります。

目黒区でも収納家具で200cmを超えるものは解体してからでないと粗大ゴミに出せないため、

  • 解体にかかる時間や解体道具の費用
  • 解体中の思わぬ怪我といったリスク

を考えると、民間の不用品回収業者に回収してもらう方が良いでしょう。

目黒区で大型の収納家具を手放したい場合、時間や費用のコストを減らし、安全も得られるので、民間の不用品回収業者に回収を依頼することをおすすめします。