仙台市の粗大ゴミ処分・出し方ガイド|5分でルール・費用が丸わかり!

仙台市にお住まいの方で粗大ゴミを出したいけれど、どのように出したら良いか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は仙台市で粗大ゴミとして出せるもの・出せないものについてご紹介していきます。

さらに、粗大ゴミを出すまでの手順や仙台市が行っている粗大ゴミ回収の申し込み方法、民間の不用品回収についても解説。

不用品を処分する際に気をつけなければいけないことまで、仙台市で不用品を処分するために必要な情報を網羅してご紹介していきましょう。

仙台市で粗大ゴミとして処分できる物

仙台市では、一辺が30cmを超える耐久消費財で、重さが100kg以下のものを粗大ゴミとして回収しています。

上記の基準を満たしていても家庭から出たものでないと回収してもらえないので気をつけましょう。

一方で、仙台市の粗大ゴミとして出せないものも決まっています。

仙台市の粗大ゴミ回収で出せないものについてご紹介していきましょう。

粗大ゴミとして出せない物

仙台市の粗大ゴミ回収で出せないものには以下のような品が当てはまります。

  • パソコン(デスクトップパソコン、ノートパソコン、パソコン用モニタなど)
  • 家電リサイクル法対象製品(洗濯機・衣類乾燥機、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫)
  • 消火器
  • タイヤ
  • ペンキ
  • 自動車や50ccを超えるオートバイ
  • 自動車・バイク用バッテリー
  • ピアノ
  • 大型金庫
オープンネット

上記のものを処分したい場合には仙台市の粗大ゴミ回収ではなく、販売店やメーカーにご相談ください。

仙台市で粗大ゴミを処分する方法・手順

仙台市では以下の3通りの方法で粗大ゴミを手放せます。

  1. 仙台市による粗大ゴミ回収に依頼する
  2. 仙台市内にある粗大ゴミ処理施設に粗大ゴミを直接持参
  3. 仙台市内を事業対象としている民間の不用品回収業者に回収してもらう

上記の3通りの方法について、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

①仙台市に収集依頼

仙台市の行っている粗大ゴミ回収に依頼し粗大ゴミを処分していくまでの手順をご紹介していきます。

粗大ゴミ回収までの手順
  1. 電話かインターネットから申し込む
  2. 申し込み時に案内された手数料分の納付券を購入
  3. 粗大ゴミとして処分したいものに必要事項を記入した納付券を貼る
  4. 申し込み時に決めた日時にゴミを出す
  5. 粗大ゴミ処分完了

電話からの申し込みの場合、受付時間は土日と年末を除いた月曜から金曜までの間で午前9時から午後5時。

粗大ゴミとして出したいものや収集希望日時、こちらの住所・氏名などを伝えます。

折り返し、収集日と粗大ゴミ回収にかかる手数料の案内を受ければ申し込み完了です。

オープンネット

電話での申し込みの場合、収集日の1ヶ月前から土日祝日、年末を除いた2日前までに申し込まなければなりません。

インターネットからの受付は24時間対応してくれます。

仙台市粗大ごみインターネット受付

インターネットからの申し込みの場合、最初にメールアドレスを登録し、登録したメールアドレスに申し込みのためのページのURLが添付されたメールがきますので、そちらに飛んでください。

必要事項を記入し、入力事項の確認が終われば仮受付完了。折り返し、本登録完了メールが届いたら申し込み完了となります。

収集日や粗大ゴミ回収にかかる費用も確認しておいてください。

仙台市内のコンビニなどで手数料納付券を購入し、粗大ゴミとして出したいものに貼りましょう。

手数料納付券は400円のものと3,000円のものの2種類がありますが、3,000円のものはスプリングマットレス専用ですので、基本的には400円の納付券を必要枚数買って使用することになります。

手数料の例は以下の通り。

  • 電子ピアノ:1,600円
  • 電子レンジ:800円
  • 食器洗浄機:800円
オープンネット

手数料は400円から1,600円まで400円間隔で設定されており、3,000円の手数料はスプリングマットレスに設定されています。

収集日当日までに手数料納付券に必要事項を記入し、粗大ゴミとして出したいものに貼っておきましょう。

収集日当日朝8時半までに指定された場所に粗大ゴミを出しておけば、仙台市に回収してもらえます。

②仙台市の処理施設に自分で持ち込む

仙台市では粗大ゴミを所定の粗大ゴミ処理施設に持ち込むことで処分してもらえます。

事前の予約は「不要」です。

搬入受付時間は、土曜日や日曜日、祝日、年末年始を除いた月曜から金曜までの午前9時から午後16時15分まで。

搬入先は以下の2箇所です。

受付可能な粗大ゴミはどちらの工場も「長さが2m以下かつ1個あたりの重さが100kgまで」と決められています。

手数料は、「100kgまでが1,500円」「100kgを超える分は10kg増えるごとに150円足される」というシステムで、例外的にスプリングマットは1枚2,000円です。

オープンネット

持ち込みの場合、手数料納付券は使用できず、現金払い飲みですので気をつけてください。

持ち込みの場合の手順
  1. 自分で工場まで持ち込む
  2. 自分で荷下ろしを行う
  3. 処分のための手数料を現金で支払う
  4. 工場の方に回収してもらい処分完了

③不用品回収業者に依頼する

民間の不用品回収業者に依頼していくという方法も良い方法です。

自分の都合の良い日時に、家の中まで不用品を回収しにきてくれるため、こちらの思うように不用品を手放していくことができます。

費用に関しては、品ごとに細かく料金設定をしている業者もあれば、トラックの大きさごとに定額制を取っているところもあるため、自分が手放したいものや量によってサービスを使い分けていきましょう。

不用品回収業者に依頼する方法は以下の通り。

  1. 信頼のある不用品回収業者のホームページを確認する
  2. 電話やライン、申し込みフォームから手続きに入る
  3. 回収日時を決め、不用品の種類や個数についても伝える
  4. 無料の見積もりを確認し最終的な申し込みを決定

上記の流れで申し込みが完了し、決めた回収日時に不用品を回収してもらうことで不用品を手放すことができます。

”無料”を謳う廃品回収業者には注意

無料で「不用品回収をします」とスピーカーから流しているトラックを見たことがあるという方もいらっしゃるでしょう。

「無料なら今度利用してみようかな?」と思った仙台市民もいるかもしれませんが、気をつけてください。

街の中を『無料で不用品回収します』とスピーカーから流しながら営業している不用品回収業者の多くは、悪徳な不用品回収業者です。

確かに不用品は無料で回収してくれたけど、トラックから自宅までの数十歩分を出張だといい、出張費用を数万円請求されたという事例や、まだ使える物まで勝手に持っていこうとしてきたとった事例も過去にはありました。

もし被害に遭っても、電話番号やホームページ、事業の屋号などが分からないため、泣き寝入りしてしまうという最悪の事態もあります。

怖い体験や経済的な被害を受けてまで不要なものを処分する必要はありません。

ホームページ、明瞭な料金設定、電話番号、無料見積もりを出してくれるところ、古物商許可証の提示など、しっかりとした経営を行っている不用品回収業者を利用するようにしましょう。