神戸市の粗大ゴミ(大型ゴミ)処分方法を解説!料金や処分できないゴミとは

神戸市にお住まいの方が粗大ゴミを処分したくても、どのようなものが粗大ゴミとして出せるのかや、処分方法や手順がわからないと悩んでいる方も多いです。

「日常茶飯事、粗大ゴミを出している」という方は稀だと思いますので、当然の悩みでしょう。

今回は神戸市の方が粗大ゴミを出す際のルールや方法をご説明しながら、行政による粗大ゴミ回収だけでなく、民間の不用品回収業者を利用するという選択肢までご紹介していきます。

神戸市で粗大ゴミとして処分できる物

神戸市では粗大ゴミを以下のように定義しています。

  • 45リットルの指定袋に入れて口をしっかりと結ぶことができないもの
  • 45リットルの指定袋に入るものでも、単品で5kgを超えてしまう重量のもの

上記のものを神戸市では「大型ゴミ」として回収しています。

オープンネット

神戸市では粗大ゴミを「大型ゴミ」として呼んでいますので気をつけてください。

粗大ゴミとして出せない物

神戸市の粗大ゴミ回収では回収できないものについてもしっかりと規定されているため、確認しておきましょう。

神戸市に回収してもらえないものは以下の通りです。

  • 事業活動から出たもの(個人事業を含む)
  • パソコン(デスクトップパソコンやノートパソコン、パソコン用モニタなど)
  • テレビやエアコン、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫といった家電リサイクル法対象品
  • 長さが2.5mより長いものや容積が2.5立法メートルより大きいもの、単品で70kgを超える重量のもの

上記のものについては神戸市の粗大ゴミとして出していくことができないので気をつけましょう。

神戸市で粗大ゴミを処分する方法・手順

神戸市では、神戸市に回収してもらうことで粗大ゴミを処分できるだけでなく、処理施設に直接自分で持ち込むことでも粗大ゴミを処分することができます。

粗大ゴミを処分できるそれぞれの方法について、詳しくご紹介していきましょう。

①神戸市に収集依頼

神戸市に収取を依頼していく手順は以下の通りです。

手順
  1. インターネットや電話、FAXから回収の申し込みをする
  2. 折り返し、収集日やゴミをおいておく場所、手数料、4桁の受付番号を案内してもらう
  3. 収集日までに手数料分の大型ごみシール券を購入する
  4. 粗大ゴミとして処分するものに必要事項を記入した大型ごみシール券を貼る
  5. 収集日の午前5時から午前8時までに指定された場所に出しておく
  6. 回収してもらう

上記の手順で進めていきましょう。

収集依頼の注意点もまとめておきます。

インターネットの受付は24時間対応

メールアドレスの登録が必要になりますので、準備しておきましょう。

電話やFAXの申し込み受付時間

年末年始を除く、月曜日から金曜日の午前9時から午後4時までです。

大型ごみシール券について

大型ごみシール券は、神戸市内のコンビニやスーパーで購入可能です。

300円券と600円の2種類あります。

手数料の例
  • スーツケース:300円
  • 姿見:600円
  • 掃除機:300円
オープンネット

手数料は300円、600円、900円、1,200円、3,000円と幅があるので気をつけましょう。

キャッシュレス決済も可能

インターネット申し込みの場合、キャッシュレス支払いが可能です。

利用できる決済の種類は「PayPay」 や「LINE Pay」、クレジットカードは「VISA」や「Mastercard」、「JCB」となります。

インターネット決済時の画面に表示されている手順に従って支払いをすすめていきましょう。

キャッシュレス決済した場合には任意のA4サイズまでの大きさの用紙に「受付番号」や「収集日」、「金額」を明記し、粗大ゴミとして出すものに貼ってください。

この用紙は粗大ゴミの個数分必要になりますので、しっかりと準備しましょう。

オープンネット

油性ペンで記入しないと雨や熱で消えてしまうので気をつけてください。

②神戸市の処理施設に自分で持ち込む

神戸市の処理施設に自分で持ちこんで処分していく手順は以下の通りになります。

上記の手順における注意点もまとめておきましょう。

手順
  1. 1日で持ち込みたい粗大ゴミの量が「大型ごみ5点とそれに付属するものなど3袋分」以内の場合は事前に「搬入管理事務所」に電話連絡し、「大型ごみ5点とそれに付属するものなど3袋分」を超える場合には「予約専用ダイヤル」に事前電話連絡する
  2. 連絡し決めた日時に、「布施畑環境センター(西区伊川谷町布施畑字丸畑)」まで持っていく
  3. 布施畑環境センターに到着したら荷物を自分でおろす
  4. 手数料を支払い、回収してもらい、処分完了

電話連絡の際の予約について

「大型ごみ5点とそれに付属するものなど3袋分」いないの場合は予約不要ですが、粗大ゴミとして出したいものが何なのかの確認をしなければならないため、連絡してください。

「大型ごみ5点とそれに付属するものなど3袋分」以上の場合は予約制となります。

予約希望日の3営業日前までに連絡しなければなりません。

予約専門ダイヤルでの予約受付期間は、祝日を除く月曜から金曜の午前9時から正午まで、または午後1時から午後4時まで。

粗大ゴミとして出したいものの写真撮影が必要

自分のゴミだという証明のために「ゴミの発生場所」と「排出前の使用状況」とがわかる写真が必要です。

スマホやタブレット、携帯電話で撮った写真の画面を見せることでも可能ですので、持ち込み日までに撮っておくようにしましょう。

布施畑環境センターの受付時間

祝日を含む月曜から金曜の午前8時半から正午まで、または午後1時から午後4時まで。

ただし、月曜から金曜が祝日の場合には午前8時半から午後3時まで受付に変わるので気をつけましょう。

当日に必要な書類など

本人確認書類(運転免許証など)

持ち込みの場合の手数料

10kgあたり140円で、一の位切り上げで計算される点には気をつけましょう。

現金払いでしか受け付けていないので、現金を持っていってください。

オープンネット

処理場は車の出入りが激しく危ないので、小さなお子さんを連れて行かないようにしましょう。

神戸市に粗大ゴミ処分を依頼するデメリット

回収してもらえたり自分で処理場に行って回収もしてもらえたりするので、神戸市による粗大ゴミ回収は便利ですし費用も安いのですが、以下の場合にはあまりメリットがあるとは言えないので注意が必要です。

  • 出せない粗大ゴミがある
  • 処分できるまで時間がかかる
  • 重たい・大きすぎる粗大ゴミは大変

上記のデメリットについてご説明していきましょう。

①出せない粗大ゴミがある

神戸市の粗大ゴミ回収では、

  • 事業活動から出たもの
  • パソコン
  • 家電リサイクル法対象品
  • 長さが2.5mより長い
  • 容積が2.5立法メートルより大きい
  • 単品で70kgを超える重量のもの

は回収してもらえません。

上記のものを手放したい場合には神戸市の粗大ゴミ回収では対応してもらえないので注意が必要です。

②処分できるまで時間がかかる

回収してもらう場合には、こちらの都合が良い時ではなく、収集に余裕がある日でしか予約が取れず、希望している日にちに回収してもらえないこともあります。

自分で持ち込む場合にも、自分以外の人が多くきていて並んでしまっているようなこともあるため、すぐに処分できるとは言い難いです。

こちらの都合のよいスピード感で処分できないので気をつけましょう。

③重たい・大きすぎる粗大ゴミは大変

重たい粗大ゴミは回収してもらえません。

自分で運ぶのも労力がかかりますし、安全面も気になるところです。

上記のようなデメリットを解消できるのが、民間の不用品業者に回収を依頼するという方法になります。

神戸市の粗大ゴミ回収では、回収してもらえないものも回収してもらえる場合が多いですし、こちらの都合の良い日時に家の中まで取りに来てくれるため、時間を有効に使えるでしょう。

不用品回収業者に頼めば、こちらが重たいものを運ぶ必要がなく、安心して手放すことができます。

神戸市の粗大ゴミ回収のデメリットを解消して回収してくれる民間の不用品回収業者に粗大ゴミの回収を依頼するという選択肢もとてもおすすめですので、ご検討ください。