豊島区で粗大ゴミを出す手順や料金は?回収業者との使い分けもご紹介

豊島区で生活しているけれども、粗大ゴミを出したことがないという方。

最近、豊島区で生活を始めたけれども、引っ越しの際に出た不用品を粗大ゴミとして出したいという方もいらっしゃるでしょう。

いざ粗大ゴミとして物を処分しようと思っても、いくらくらいかかるのか分からないし、どのような手順で申し込んだら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は豊島区在住の方がどのように粗大ゴミを出したら良いのかについてご紹介していきます。

また、豊島区の粗大ゴミとして物を手放した方が良いのか、民間の不用品回収業者に依頼した方が良いのか比較しながらご説明もしていきましょう。

豊島区の粗大ゴミを出す手順(収集)

豊島区では、豊島区在住の方で、家庭から出たゴミのうち「一辺が30cm以上の物」を粗大ゴミとして規定しています。

オープンネット

個人事業主の方がご自身の事務所や店舗から出たものは該当しないので、気をつけてください。

粗大ゴミとして規定されている大きさのものを手放したい時には、申し込みの手順にそって申し込み、収集してもらわなければなりません。

豊島区で粗大ゴミを手放すための手順は以下の通り。

  1. 申し込む
  2. 粗大ごみ処理券を購入する
  3. 指定された場所に出しておく

豊島区で粗大ゴミを収集してもらうための上記の手順について、それぞれ詳しく説明していきます。

1.申し込む

豊島区の粗大ゴミ回収に申し込む方法には、電話インターネットの2つあります。

電話から申し込みの場合

2つの連絡先があるので気をつけてください

  1. 粗大ごみ受付センター
    対応:新規申込、変更、取り消し
    受付時間:月曜日〜土曜日の午前8時〜午後7時(年末年始を除く)
  2. 臨時受付センター
    対応:新規申込のみ
    受付時間:月曜日〜金曜日までの午前8時〜午後7時(年末年始を除く)
オープンネット

引っ越しシーズンや年末年始、休日明けは電話での申し込みが増えるため、なかなか繋がらないのでインターネットから申し込む方をおすすめします。

インターネットから申し込みの場合

年末年始やホームページのメンテナンスを除いて24時間受け付けていますので、非常に便利です。

1度に10個まで申し込み可能ですので、出したい粗大ゴミの量を確認しておきましょう。

オープンネット

電話でもインターネットでも申し込んだ際に、収集予定日や必要な粗大ごみ処理券の種類や枚数などの案内をしてもらえます。

2.粗大ごみ処理券を購入する

粗大ごみ処理券は、豊島区内のコンビニエンスストアなどで購入できます。

豊島区の粗大ごみ処理券にはA券200円B券300円2種類がありますので、それぞれ必要な枚数過不足なく購入するようにしてください。

処理券の貼り方の例
  • ガスオーブン(手数料:1,100円)
    A券1枚とB券3枚や、A券4枚とB券1枚など
  • 炊飯器(手数料:400円)
    A券を2枚
  • ラジカセ(手数料:400円)
    A券を2枚

上記のように粗大ごみ処理券を組み合わせていきましょう。

3.指定された場所に出しておく

収集日の朝8時までに粗大ゴミとして出すものを出しておきましょう。

粗大ゴミにはしっかりと粗大ごみ処理券を貼っておくだけでなく、粗大ごみ処理券に氏名や部屋番号、受付番号を記入しておくことも忘れないようにしてください。

オープンネット

時間に間に合わなかった場合、収集してもらえませんので気をつけましょう。

豊島区の粗大ゴミ収集と一般回収業者の使い分け

豊島区の粗大ゴミ収集について詳しくご説明してきました。

手数料はかかりますが、不要なものがとても割安で手放すことができるため、量が少ない場合には粗大ゴミとして処分していくと良いでしょう。

ですが、豊島区は、地域ごとに粗大ゴミを回収してくれる曜日が異なっているため、自分の都合の良い時に回収してもらえないということも多いです

仕事が忙しい方や、粗大ゴミの収集日に休んだり遅刻ができなかったりする仕事の方は、不用品回収に依頼することをおすすめします。

不用品回収業者はこちらの都合の良い時に来てくれて持っていってくれるため、効率よく不要なものを手放すことができます。