新宿区で粗大ゴミを出す手順や料金は?回収業者との使い分けもご紹介

新宿区にお住まいの方が粗大ゴミを処分したい場合の選択肢は2つしかありません。

新宿区が実施している粗大ゴミ回収に依頼するか、民間の不用品回収業者に回収を依頼するかのどちらかです。

新宿区に粗大ゴミを回収してもらうにもどのような手順で申し込んだら分からないという方、不用品回収業者に依頼するのとどちらがよいか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、新宿区に粗大ゴミ回収を依頼する方法や流れだけでなく、民間の不用品回収業者との比較も踏まえてご紹介していきます。

新宿区の粗大ゴミを出す手順(収集)

新宿区では日常生活において出てきたもので、一辺の長さが30cmを超える家具やリサイクル家電を除いた電化製品、自転車について粗大ゴミとして規定しています。

粗大ゴミの規定に当てはまるものを手放したい場合には、行政による粗大ゴミ回収に出していかなければなりません。

オープンネット

新宿区では持ち込みによる粗大ゴミ回収はしていませんので気をつけてください。

新宿区にお住まいの方が粗大ゴミ回収を依頼する際の手順は以下の通り。

  1. 申し込み
  2. 粗大ごみ処理券を購入する
  3. 指定された場所に出しておく

上記の手順について、より詳しくご説明していきましょう。

1.申し込む

新宿区の粗大ゴミ回収に依頼したい場合、電話インターネットから申し込むことになります。

電話で申し込む場合

月曜日から土曜日までの午前8時から午後7時までに「粗大ごみ受付センター」に電話するようにしていください。

インターネットから申し込む場合

24時間受付を行っていますので、自分の都合の良い時に申し込めて便利です。

電話・インターネットどちらの場合も、申し込み時には粗大ゴミとして出したいものの種類と量を伝えます

折り返し、粗大ゴミを出す場所や日時についての指示がありますのでメモしておくようにしましょう。

オープンネット

申し込み時に粗大ゴミとして出したいものの手数料の確認がありますので、確認してから粗大ごみ処理券を購入するようにしてください。

2.粗大ごみ処理券を購入する

新宿区内では下記の場所で粗大ごみ処理券が購入できます。

  • コンビニ
  • 各特別出張所
  • 清掃事務所
  • 清掃センター
  • 新宿区役所7階ごみ減量リサイクル課

購入した粗大ごみ処理券に氏名または受付番号収集予定日を記載し、粗大ゴミとして出したいものに貼ってから、指定された日時・場所にて出すようにしましょう。

新宿区の粗大ごみ処理券にはA券200円B券300円2種類があります。A券とB券を組み合わせて粗大ごみ手数料を支払っていきましょう。

処理券の貼り方の例
  • 掃除機(手数料:400円)
    A券を2枚
  • ソファーベッド(手数料:2,000円)
    A券を10枚、もしくはA券1枚とB券6枚

3.指定された場所に出しておく

申し込み時に指定された場所に、粗大ごみ処理券をしっかりと貼った粗大ゴミを出すようにしましょう。

指定された日時の朝8時くらいまでに出しておくようにすると良いです。

オープンネット

回収に来た際に、粗大ゴミが出ていなかった場合、回収してもらえませんので気をつけてください。

周囲の邪魔にならないように、かつ、回収する方が一目見て分かるように置いておかないとトラブルのもとになってしまうので、気にとめておきましょう。

新宿区の粗大ゴミ収集と一般回収業者の使い分け

新宿区民の方がどのように新宿区の粗大ゴミ回収に申し込んでいけば良いかについてご紹介していきました。

新宿区の行っている粗大ゴミ回収は手数料も安いのが魅力的ですが、自分の都合の良い日にちや時間に回収してもらえる可能性はあまり高くありません。

ですので、時間に余裕がある方にはおすすめできますが、そうでない方にはおすすめできない方法になります。

自分の都合の良い時に素早く不用品を手放したいという方には、民間の不用品回収業者による不用品回収を利用する方が効率的です

費用は新宿区の粗大ゴミ回収より高くなってしまいますが、自分の都合の良い日時に家の中まで回収しにきてくれますので、わざわざ有休を消化したり、スケジュール調整したりする必要がないため、コストに見合います。

自分の都合を重視して不用品を処分したい場合には、民間の不用品回収業者に依頼するのをおすすめしたいです。