港区の粗大ゴミ処分ルールまとめ|手間要らずの楽チン処分方法も紹介!

港区にお住まいの方の中には、港区では粗大ゴミを出していくルールがどのようになっているのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は港区で粗大ゴミとして処分できる物とそうでない物についてだけでなく、粗大ゴミを出す方法や手順についてもご紹介していきます。

さらに、港区にお住まいの方が楽に粗大ゴミを処分していく方法についてもご紹介していきましょう。

港区で粗大ゴミとして処分できる物

港区では「家庭から出たゴミで、一辺の大きさが30cmを超える家電製品や家具」などを粗大ゴミとして回収しています。

オープンネット

港区では元の粗大ゴミの大きさが30cmを超えている物を解体したり分解したりして小さくしても、粗大ゴミとしてしか処分してもらえないので気をつけてください。

粗大ゴミとして港区の粗大ゴミ回収で回収してもらえる物の例は以下の通り。

  • 加湿器
  • 1畳用のたたみ
  • ランニングマシーン

上記のような物は粗大ゴミとして回収してもらえるのが港区の粗大ゴミルールです。

オープンネット

港区では良質な木製家具については状態が良ければ無料で回収してくれます。

粗大ゴミとして出せない物

港区では一辺の長さが30cm以上の物でも、粗大ゴミとして回収してもらえない物があります。

粗大ゴミとして回収してもらえない物は以下の通り。

  • 家電リサイクル法に指定されているテレビエアコン冷凍庫冷蔵庫洗濯機衣類乾燥機といった電化製品
  • 家庭用パソコン(ディプレイやノートパソコン含む)
  • 60cm未満のプラスチックケース
  • 事業所から出たゴミ
  • 一辺が30cm以上で、長さ180cmを超える物
  • 自動車
  • オートバイ
  • ガスボンベ
  • 消化器
  • ピアノ

上記のものは粗大ゴミとして処分できないので気をつけてください。

オープンネット

60cm未満のプラスチックケースは「資源プラスチック」の収集日に捨てることができます。

港区で粗大ゴミを処分する方法・手順

港区では、港区に収集依頼を出して粗大ゴミを回収してもらう方法と、自分で港区の粗大ゴミ処理施設に持ち込んでいくという方法とがあります。

それぞれの方法について、どのような手順を踏んでいけば粗大ゴミを回収してもらえるのかについてご紹介していきましょう。

①港区に収集依頼

港区の粗大ゴミ回収に依頼したい場合、インターネット電話から申し込んでいく形になります。

港区に粗大ゴミを回収してもらうための手順は以下の通りです。

  1. 電話やインターネットから粗大ゴミ回収を申し込む
  2. 粗大ごみ処理券を購入し、出したい粗大ゴミに貼っておく
  3. 申し込み時に申請した粗大ゴミを収集日に指定された場所に出す
  4. 粗大ゴミを回収してもらう

申し込み時には必要事項を伝えたり入力したりした上で、折り返し必要な手数料や収集日などを伝えてもらえるので、メモなどできる準備をしておきましょう。

各粗大ゴミについて、港区では粗大ゴミ処理手数料が設定されていて、400円から2,800円までの幅があるので、詳細はホームページなどでご確認ください。

上記の手数料を2種類の粗大ごみ処理券(A券200円B券300円)を使って支払っていく形になります。

粗大ゴミ処理券は港区内のコンビニやスーパー、「有料粗大ごみ処理券取扱所」の標識のあるお店、みなとリサイクル清掃事務所などで販売されています。

粗大ゴミとして出したい物に手数料分の粗大ごみ処理券を貼って、申し込み時に決めた収集日に粗大ゴミとして出していきましょう。

粗大ゴミの収集日の朝8時までに指定された場所に出しておいてください。

オープンネット

申し込み時に申請した粗大ゴミのみ回収してもらえます。

②港区の処理施設に自分で持ち込む

港区の粗大ゴミ処理施設に直接自分で持ち込んで粗大ゴミを処分したい場合も、電話やインターネットから申し込む必要があります。

港区の粗大ゴミ処理施設に粗大ゴミを直接持ち込んで処分する手順は以下の通りです。

  1. 電話やインターネットで粗大ゴミの持ち込みを申し込む
  2. 粗大ごみ処理券を購入し貼る
  3. 芝浦清掃作業所まで直接粗大ゴミを持ち込む

申し込み時に、粗大ゴミの手数料を教えてもらえるので、メモなどしておきましょう。

持ち込んでいくまでに、粗大ごみ処理券を買って、申し込んだ粗大ゴミに貼っておいてください。

持ち込みの場合の手数料は、収集の手数料の半額になります。また、手数料が400円の物については無料になりますのでお得です。

現地で本人確認がありますので運転免許証などの身分証明証をもっていきましょう。

オープンネット

申し込んだ粗大ゴミしか持ち込んでも回収してもらえないので、気をつけましょう。

持ち込み場所

芝浦清掃作業所

住所:港区港南3-1-18
受付:毎週日曜日の午前9時から午後4時まで(年末年始を除く)

粗大ゴミを手間要らずで楽に処分する方法

港区の粗大ゴミ回収の手数料は確かに安いですが、申し込みや粗大ごみ処理券を購入するといった手間があったり、こちらの希望の日にちや時間に回収してもらえなかったりするため、思わぬ煩わしさがあるのも現状です。

粗大ゴミを楽に素早く手放す方法として、民間の不用品回収業者に依頼していくという方法もあるのはご存知でしょうか。

ここからは不用品回収業者を利用していくメリットや優良な不用品回収業者の特徴についてもご紹介していきましょう。

不用品回収業者のメリット

不用品回収業者を利用した際の最大のメリットは、こちらの都合の良い時間にこちらの望む個数の不用品を回収してもらえることです。

しかも、家の中まで不用品を取りに来てくれるので、こちらが家の外に粗大ゴミを出しておく手間も省けます。

特に不用品の個数が多かったり、重いものを手放したりしたいとき、または粗大ゴミを至急手放さないといけない事情が出てきたりした場合には、不用品回収業者一択だといっても良いでしょう。

こちらの都合に柔軟に対応してくれるのが不用品回収業者を利用するメリットですので、気軽に楽に不用品を手放すことができます。

優良な不用品回収業者の特徴

不用品回収業者の中には悪徳なところがあるのも事実です。

ですが、以下の確認ポイントさえしっかりと見ておけば、優良な不用品回収業者を簡単に見つけることができます

  • ホームページを開設しており、事業所の住所や電話番号などがしっかりと記載されている
  • 古物商許可を持っている
  • 見積もりが無料
  • 追加料金がかからないという記載がある
  • 不用品回収料金が細かく書かれていて明瞭

上記のチェックポイントを確認していくことで優良な不用品回収業者を見つけられます。

優良な不用品回収業者に不用品の回収を依頼すれば、自分の都合に合わせて楽に素早く粗大ゴミを手放すことができますので、おすすめです。