札幌市で大型ゴミ(粗大ごみ)に分別される物とは?処分手順や費用も解説

札幌市では粗大ゴミを「大型ゴミ」と呼んで回収しています。

「行政が回収しているのは知っているけど、どのように申し込んでいけばいいのか分からないし、回収してもらえるものもどういったものが当てはまるか分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は札幌市の大型ゴミ回収のルールや方法をご紹介していきます。

さらに、札幌市の大型ゴミ回収以外の方法で粗大ゴミを処分していく方法についても説明していきましょう。

札幌市で大型ゴミ(粗大ごみ)に分別され処分できる物

札幌市が規定している大型ゴミの基準は「耐久消費財その他の固形廃棄物で指定のゴミ袋に入らないもの」としています。

上記の基準に当てはまっても、大型ゴミとして処分できないものもあるので注意が必要です。

札幌市が大型ゴミとして回収できないものについてもまとめていきます。

大型ゴミ(粗大ごみ)として出せない物

札幌市が回収できない大型ゴミは以下のようなものがあります。

  • 家電リサイクル法指定製品(テレビ、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫)
  • パソコン(デスクトップパソコン、ノートパソコン、パソコン用モニタ)
  • 単品で重量が100kg以上の物
  • 長さ200cm以上の物
  • 体積が2立方メートル以上の物
  • 消火器
  • 自動車のタイヤ
  • オートバイ
  • 自動車
  • ピアノ
  • 耐火金庫

札幌市で大型ゴミ(粗大ごみ)を処分する方法・手順

札幌市が行っている行政サービスで大型ゴミを処分する方法には、札幌市に収集依頼をするか札幌市の処理施設に自分で持ち込むといった方法があります。

それぞれの大型ゴミ回収についてご説明していきましょう。

①札幌市に収集依頼

札幌市に回収を依頼していくことで大型ゴミを処分できます。

札幌市の回収に依頼し、大型ゴミを回収してもらうまでの手順をご紹介していきましょう。

手順
  1. 大型ごみ収集センターに電話連絡する
  2. 住所や氏名、電話番号、ゴミの品目、大きさ、個数を伝える
  3. 折り返し、大型ゴミを出す日時や場所、手数料の案内を受ける
  4. 収集日当日までに「大型ごみ処理手数料シール」を購入する
  5. 購入した大型ごみ処理手数料シールを大型ゴミに貼る
  6. 収集日に大型ゴミを指定の場所に出しておく
  7. 回収完了

大型ごみ収集センターの受付時間は午前9時から午後16時半までです。

年末年始を除いた土日祝・休日も受け付けています。収集希望日の2週間前から受け付けていますので、お早めにご連絡ください。

大型ごみ処理手数料シールは、大阪市内のスーパーやコンビニ、ホームセンター、ドラッグストアなどで購入できます。

オープンネット

大型ごみ処理手数料シールの料金に関しては札幌市のホームページに明記されていないため、「札幌市コールセンター(電話:011-222-4894)」にお問い合わせください。

大型ゴミの手数料は、例えば加湿器なら200円、水槽なら500円、電子オルガンなら1,300円といった金額になっています。

収集日当日は立ち合いは不要ですので、午前8時半までに大型ゴミを指定された場所に出しておきましょう。

②札幌市の処理施設に自分で持ち込む

札幌市では処理施設に直接大型ゴミを持ち込むことでも回収してもらえます。

持ち込みの場合の手順についてご紹介していきましょう。

持ち込みの場合の手順
  1. 事前予約不要で直接札幌市内の市指定の破砕工場に大型ゴミを持ち込む
  2. 市指定の破砕工場に着いたら、自分で大型ゴミを積み降ろす
  3. 持ち込んだ大型ゴミに対しての手数料をその場で現金で払う
  4. 回収完了

札幌市内の大型ゴミ持ち込み場所は以下の通り。

上記のそれぞれの工場の受け入れ時間は、日曜と年始を除き、祝日含む月曜から土曜の午前9時から午後16時まで。

大型ゴミは2m以下の最大辺にして搬入してください。

処理手数料は「10kgあたり200円」になります。

オープンネット

破砕工場施設内は車の往来も多いため、安全にはくれぐれもお気をつけください。
また、篠路破砕工場は冬期間(令和4年3月31日まで)、入場経路を変更しています。詳細はこちら:https://www.city.sapporo.jp/seiso/topics/info_etc/documents/20211101.pdf

札幌市で処分できない大型ゴミ(粗大ごみ)の処分方法は?

札幌市の大型ゴミ回収は安いコストで回収してもらえますが、回収してもらえないものを不用品として手放したい場合にはどうしたらよいのでしょうか。

札幌市が行っている大型ゴミ回収以外の不用品の手放す方法として、「様々な方法で売却処分する」方法や「民間の不用品回収業者に回収してもらう」といった方法があります。

それぞれの方法について、詳しくご紹介していきましょう。

買取価値のありそうな物は売却処分

札幌市の大型ゴミ回収で持っていってもらえない物の代表例として、テレビがあげられるでしょう。

家電リサイクル法で指定されている製品であるので、大型ゴミとして処分できません。

そのため、リサイクルショップやネットオークション、フリマアプリで売却処分していくことをおすすめしたいです。

オープンネット

不要なものがお金に変わるだけでなく、手放すこともできるため、一石二鳥ですね。

また、パソコンに関しても大型ゴミとして持っていってもらえないため、パソコン買取専門業者に買取を依頼することでお金に変えながら手放すことができます。

ネットオークションやフリマアプリ、リサイクルショップ、〇〇買取専門業者といった買取サービスによって手放していくことも選択肢に入れておくと良いでしょう。

それ以外は不用品回収業者へ

札幌市の大型ゴミ回収や各種買取サービスに買い取ってもらうという選択肢以外にも、民間の不用品回収業者に大型ゴミの回収を依頼するというのも良い選択肢です。

民間の不用品回収業者を利用するメリットは以下のような点があげられます。

  • 自宅の中まで回収しにきてくれるため、指定の場所に持ち込まなくて良い
  • 定額料金制をとっている業者だと物によっては札幌市の大型ゴミ回収よりも大型ゴミを安く手放せる可能性がある
  • 時間や日時など、こちらの都合の良いときに回収してもらえるため、時間を有効に使える
  • 持ち出しなどの手間だけでなく、怪我や自宅の破損といった直接的な被害も防げる

上記のようにメリットも数多くあるので、民間の不用品回収業者をこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。